スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党新執行部、午後決定へ 政調会長に玄葉氏(産経新聞)

 民主党は7日、両院議員総会を開き、党役員人事を決定する。政策調査会長には玄葉光一郎衆院財務金融委員長の就任が固まり、幹事長の枝野幸男氏、国対委員長の樽床伸二氏らとともに総会で承認される。

 幹事長のもとで党務の調整にあたる党総務委員長には、小沢一郎幹事長に近い奥村展三総務委員長の続投が決まった。選対委員長に石井一氏に代わり、安住淳衆院安保委員長が就く。このほか、石井氏の副代表兼選対本部長代理、山岡賢次前国対委員長の副代表兼広報委員長が内定した。

 菅直人新首相は7日午前も閣僚人事の最終調整を行った。8日には、天皇陛下による菅氏自身の首相任命式(親任式)、組閣、閣僚の認証式が行われ、「菅内閣」が発足する。

 これまでの調整で、消費者・少子化担当相に内定していた蓮舫(れんほう)参院議員が行政刷新相に就く。消費者・少子化担当相のポストは蓮舫氏の兼務も含め、最終調整している。政調会長の玄葉氏には閣僚を兼務させる方針だ。菅氏の後任の財務相には野田佳彦財務副大臣が昇格する。

 岡田克也外相ら11閣僚は再任する。赤松広隆農水相は口蹄(こうてい)疫の拡大が防げなかったことを理由に辞任する。

 一方、安住新選対委員長は7日午前、TBSの番組で、参院選について「現職で出馬する議員を1人残らず国会に帰したい。(改選2以上の複数区で)共倒れの懸念については首相と相談しなければいけない」と述べ、これまでの選挙戦術を見直す考えを示唆した。また政治とカネの問題を抱える小沢氏に対し、野党が衆院政治倫理審査会(政倫審)への出席を求めていることについては「ぜひ出てほしい。堂々とお話になれば民主党も国民からさらに評価される」と語った。

【関連記事】
“仕分け大臣”に蓮舫氏 政調会長は玄葉氏で調整
党内仕分けで「返り血」浴びる覚悟はあるか
菅政権誕生も「小沢一郎はまだ終わらない」
官房長官就任発表で仙谷氏「戦慄と身震い」
枝野氏の幹事長起用は「参院選の顔として」
「はやぶさ」帰還へ

警察庁、万引調書を簡素化 届け出増加狙う(産経新聞)
菅首相が、1日でも長くトップでいるために(Business Media 誠)
退陣表明後、小沢幹事長とがっちり握手(産経新聞)
「酪酸問題ないと思った」 シー・シェパード事件元船長被告人質問(産経新聞)
文科省、学力テスト事業委託の改善策を検討(産経新聞)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。